6 クライアントの使用方法

youbinクライアントはyoubin_subをリンクしてつくります。 このクライアントにはWindows Version, X windows versionなどがあります。

6.1 クライアントの設定ファイル (~/.youbinrc)

ここでは、クライアントの例としてこれまでのbiffに変わる簡単なyoubinクラ イアント(client.c で定義)の設定ファイルについて説明します。多くのクラ イアントソフトは同様の設定ファイルを用います。

youbinは -h オプションでコマンドの説明がこのように出ます。

NAME
youbin - client for the Internet "youbin" service

SYNOPSIS
youbin [-f file] [-a type] [-b head] [-d] [-h] [-m file] [-o mode] [-p pass] [-s host]

OPTIONS
-f file
Configuration File. Default is ~/.youbinrc
-a type
Authentication mode. Default is "rok".
-b head
Required Headers in Body,From:,To:,Subject:,cc:,Date:.
-d
Debug mode.
-h
Help: print out the usage.
-m mode
Mail check: file checked by sh or csh as mail spool.
-o mode
output mode
0 | none: Nothing is outputted.
1 | size_date: "size date\n" at mail spool update and at every unit time (3 min)
2 | for_shell:
"Mail_first\n" from empty to arrived
"Mail_Appended\n" increasing size
"Cleared\n" change state to empty
3 | mail_arrive:"New mail for user@server has arrived:"
4 | biff | others: mail_arrive message followed by headders.
Default value is
0 with -m option,
1 without -m option if stdout is a pipe.
3 without -m option if stdout is a tty.
-s host
Host name of mail server.
-f でオプションの設定ファイルが指定されるか、ホームディレクトリに .youbinrc がある時にはそのファイルの内容をコマンドのオプションリストと 同様に処理し、その後コマンドラインのオプションリストの処理を行ないます。 すなわち、ファイルで設定されたオプションはコマンドラインのオプションリ ストによって上書きされます。

設定ファイルは以下の順で探されます。
1) -f で明示的に指定されたファイル
2) 環境変数 $HOME の下の .youbinrc
3) パスワードエントリに指定されているホームディレクトリの下の .youbinrc

設定ファイルの記述は基本的にはオプションリストの記述と同じです。

1) 空行、あるいは # で始まる行は無視されます。
2) パスワード指定
Password: password
3) 認証モード
Auth: 認証モード( rok, plain, none, ... ) デフォルトは rok
4) Biff モード
Biff: 要求ヘッダーのリスト
例 Biff:Body,Date,From,Subject
5) Mail file
Mail: Mail_File_Name
シェルでチェックされるメールファイルパス名
これをセットするとシェルに制御が戻る度にこのファイルの更新日時が調 べられメールの到着が表示される。
6) 出力形式
Print: n
メール到着時の出力形式の指定
0 | none: 何も出力しない
1 | size_date: メール到着時と到着しなくとも3分毎に "size date\n"を 出力
2 | for_shell:
最初のメール到着時 "Mail_First\n"
メールが追加された時 "Mail_Appended\n"
メールが空になった時 "Cleared\n"
3 | mail_arrive: ビープ "New mail for user@%server has arrived:" ビープ
4 | biff: mail+arrive と同じメッセージとメールヘッダー
デフォルト値
0: Mail_File が指定されている時
1: Mail_File が指定されていなくて、標準出力がパイプの時
3: Mail_File が指定されていなくて、標準出力が tty の時
7) サーバーの指定
Server: Server_Name
8) アカウント名の指定
User: User_Account_Name
認証モードが rok の時は無視される

6.2 xyoubin(X Window Systemのクライアント)

xbiffと同様に使うことができる.
-empty pixmap
Pixmap to be shown when no new mail is present.
-flip/-nofilp
Specifies whether or not the image should be inverted.
-full pixmap
Pixmap to be shown when new mail has arrived.
-help
Help: print out the usage.
-pipe
Executed by other program (don't exec child process).
-server host
Server host name.
-sound file
Sound file (SunOS only)
-volume %
Specifies how loud the bell should be rung.
多くのオプションはxbiffと同じものである.

(1) serverオプションによりメールサーバーを指定する. このオプションを指定しないとローカルマシンがメールサーバーであると仮定する.

(2) soundオプションはSunの/dev/audioデバイスを用いて, 音によるメール到着を知らせる.使用するaudio dataを指定する.

(3) emptyとfullオプションは表示されるpixmapを指定する.

(4) flipはビットマップの反転を制御する. デフォルトは到着時に反転表示を行なう.

これらのオプションは以下のリソースとして指定することもできる.

XYoubin*emptyPixmap:		<pixmap>
XYoubin*fullPixmap:		<pixmap>
XYoubin*flip:			<boolean>
XYoubin*server:			<string>
XYoubin*sound:			<string>
XYoubin*volume:			<int>

6.3 YouWin(Windowsのクライアント)

ウィンドウズ版のクライアントについては別のマニュアルを参照して下さい。

6.4 YouBin.app(NeXTのクライアント)

ファイルビューアからYouBin.appをダブルクリックにより起動する. 詳細についてはNeXTclient/Japanese.lproj/Help/TableOfContents.rtfを参照すること.

6.5 youbin(キャラクタベースのクライアント)

(1) バックグラウンドジョブとして,
% youbin -s <server name> &
と実行することにより,メールが到着するとbiffコマンドと同様に
New mail for <user name>@<mail server> has arrived:
のメッセージを表示する. また,このコマンドはxyoubin, YouBin.appなどから子プロセスとして起動される.

(2) キャラクタ端末にメールの到着が非同期に通知されると,作業中の画面が乱される. このため多くのユーザはシェルのメールチェック機能を使っている. youbinを使ってこの機能を生かすことも出来る. -mオプションによってメールの到着を知らせるメッセージを書き込むファイルを指定する. youbinはサーバから知らされるスプールの状態をこのファイルで模擬する. サーバにメールがなくなるとこのファイルは,その大きさが0に変更され, サーバのスプールのサイズが大きくなるとこのファイルのサイズを増加させる. このファイルをシェルのメールチェックのファイルとすることで, シェルがメールの到着を利用者にプロンプトを返す時点で"You have new mail." と知らせる.例えば,cshでこれを使うには,<HOME>/.cshrc

youbin  -m ~/.mail_check_file -s server_name &
set mail = ~/.mail_check_file
と書く.

(3) youbin は設定ファイルとして ~/.youbinrc を検索する。このファイルの設定を読み込んだ後にコマンドラインのオプションを上書きする.オプションには以下のものがある.

-f file
Configuration File. Default is ~/.youbinrc
-a type
Authentication mode. Default is "rok".
-b head
Required Headers in Body,From:,To:,Subject:,cc:,Date:.
-d
Debug mode.
-h
Help: print out the usage.
-m mode
Mail check: file checked by sh or csh as mail spool.
-o mode
output mode
0 | none: Nothing is outputted.
1 | size_date: "size date\n" at mail spool update and at every unit time (3 min)
2 | for_shell:
"Mail_first\n" from empty to arrived
"Mail_Appended\n" increasing size
"Cleared\n" change state to empty
3 | mail_arrive:"New mail for user@server has arrived:"
4 | biff | others: mail_arrive message followed by headders.
Default value is
0 with -m option,
1 without -m option if stdout is a pipe.
3 without -m option if stdout is a tty.
-s host
Host name of mail server.

次へ

前へ

目次へ